パソコンを使っている人
  • ホーム
  • ユーザーの読みやすい記事を書いて、離脱を防止!

ユーザーの読みやすい記事を書いて、離脱を防止!

白いテーマの作業机に置いてあるPCの上面図

様々なサイトがありますが、動画やイラストレーションに特化したサイトでもない限り、まず文章の質はとても大事になります。文章はSEOにも効果がありますし、当然やってきたユーザーにとって読みやすい文章はそのままサイトの質が高いことを意味します。
それではどういうサイトであれば質が良い記事なのかというと、いくつかのポイントがあります。

まず、基本的に冗長な文章は避けましょう。これは文字数をただ稼いだだけの長ったらしい文章はやめ、出来るだけ素早く簡潔に結論を出したり、意味を解説するようにするという事です。ただ長いだけの文章は負担を与えますし、SEO的にも長いだけの内容の薄い文章は良くありません。

次に、文章そのものが読みやすい事が大事です。読みやすい文章だけではなく、サイトの作りそのものが読みやすさに配慮されていなければなりません。

最も大事なのが、文字サイズです。文字サイズについてはいろいろな意見がありますが、基本的に大きすぎず小さすぎない文字サイズが理想でしょう。特に過去には小さな文字サイズがかっこいいという意見が流行しましたが、今ではその限りではありません。

フォントについては、基本的にはゴシック体が良いとされています。ただ、ある程度品格や拡張を与えたい場合は明朝体でも構いません。どちらにせよ長文として読みやすいようなフォント選びを行いましょう。最近ではWebフォントというのもありますが、読み込みに時間がかかる個性的なフォントはおすすめできません。

行間をある程度取るのも大事な事です。行間は読みやすさに大きな影響を与えますので、気を付けておいてください。

これらはモバイル表示の時にも重要です。モバイル表示で必ず表示されている内容や様子をチェックし、もし読みにくい場合は変更しておきましょう。

ただ文章を並べるだけでは読みにくくなってしまいますので、定期的に内容に改行を加えてください。改行だけではなく空行をつけて段落を設定したり、リストや見出しの前後には空欄をつけて区切りをつけましょう。

テキスト装飾は大変魅力的で、文字色を変えたり太字にしたりするのは悪い事ではありません。ただ、テキスト装飾を多用すると見づらいサイトになってしまうこともあります。こちらも注意しましょう。

見出しやリスト、段落などは基本的に使いやすいサイトや読みやすい文章のための見せ方です。特に段落やリストなどは読みやすい文章のために使うのが良いでしょう。

最後に校正です。書いた後の文章は必ず校正し、誤字脱字や言葉の使い間違い、ミスタイプなどを極力減らすようにしてください。

関連記事
人気記事一覧