パソコンを使っている人
  • ホーム
  • WordPressと中古ドメインを駆使してサイト作成

WordPressと中古ドメインを駆使してサイト作成

白いノートPC

まず、今の時代ではサイト作成のためにはワードプレスというものを使います。これはCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれるサイト作成効率化のためのシステムのひとつで、世界中で多くのWEBサイト作成者や管理者が利用しているツールです。

ワードプレスを使ってサイト作成を行う理由はいくつかありますが、ひとつは初心者でも簡単にサイト作成が出来る、という事につきます。初心者でもインストールやセットアップが簡単に出来て、幅広いサイトを作る事が出来るでしょう。

ワードプレスを使うもう一つの理由としては、全体的に自由度が高く、カスタマイズが自由にできるという事です。例えばデザインを変更したい時はデザイン変更が簡単にできるとか、サイトの見た目を変更したい時にはCSSを書いて見た目や色を少々変化させる事も出来ます。また、プラグインを使ってより簡単に機能を充実させたり、SEO対策を頑張る事も出来るでしょう。

また、記事更新が簡単にできるというのもポイントです。すでにある記事を変更したり修正する事も出来ますし、当然新規記事の追加も出来ます。記事更新に限らず、カテゴリやタグを追加したり内容を修正する、というようなことも容易に出来るのです。

一方、サイト作成ではドメインという、サイトのオリジナルの符号も必要になります。ここでおすすめしたいのが中古ドメインと呼ばれる、かつて誰かがサイト作成のために取得したドメインです。
中古ドメインの一番の効果はSEO効果が高い可能性がある、という事に尽きるでしょう。というのも、中古ドメインは新しく取得したドメインよりも運営歴があるとされ、検索サイトからの評価もある程度得られているケースが多いのです。特に価格の高い中古ドメインは強く価値があるとされ、評価なども高い傾向があります。

特に中古ドメインの場合、インデックス速度が速いことも魅力のひとつでしょう。インデックスとはサイトが検索サイトに評価され、掲載されるタイミングのことです。このタイミングが早ければ早いほど更新してから掲載されるスピードが速く、注目されるペースも早くなるでしょう。

基本的に中古ドメインはSEO効果の面でおすすめですし、ワードプレスはカスタマイズや記事更新の効率などの面でおすすめできます。たくさんのサイトがある中でも最初からアクセス数を稼ぎたいというのであれば、この二つの組み合わせが現状ではかなり強い組み合わせです。

関連記事
人気記事一覧